​Aboutus

私は某保険代理店に所属しています。

保険の営業マンというと、ゴリゴリに押し売りされるイメージがあるかと思います。

しかし、ゴリゴリ押し売りする営業スタイルでは

お客様も私たち営業マンも幸せにならないのでは?と疑問を持ちました。

そんな疑問を持っている時に、ある本で見つけた言葉。

「先義後利」

私の座右の銘です。

先に「」を持って接し、後に「」を得る。

営業マンの仕事は商品を売る事ではなく、お客様の問題解決のサポートをする。

商品が先ではなく、先に問題解決へのサポート

その際に商品を活用出来れば良し、商品が合わないのであれば無理に購入を勧めない。

先に「」に徹する。私はこれを常に意識してで営業活動を行っています。

ただ、ボランティアではなくあくまで仕事の一環なので、自分の専門分野での問題解決に限らせて頂いております。

離婚の相談や夫婦間の愚痴等は、お金にまつわるものでなければ守備範囲外なのでご遠慮ください(笑)

さて、このままでは何だか胡散臭く見えそうです。

なので私の利益の部分についても説明いたします。

 

私が考える「」とは以下のようなものです。

保険の契約を頂く他のお客様に私の存在を伝えて頂くお客様の問題解決を通じて知識や経験を向上させるお客様の人生経験を聞かせて頂く、等々、、、

これらの事が私にとっての利益です。

「無料で相談って裏があるんでしょ?」

「保険屋なのに、なんで他の事も相談に乗るの?」

「相談したら、ずっと連絡してきそうで嫌だな」

ご不安になったり、怪しむ気持ちも分かりますし、実際に上に書いたような事を言われた事もあります。

保険屋なのになぜ教育費や住宅資金の事をお客様と一緒に考えるのか。

まず、これらの事と保険商品や保険の見直しは相性が良いからです。

教育資金を用意するあたって、何かあった時の事を考えてリスクヘッジする事は大切です。

また、逆に保険金額を高く設定しすぎていてコストカット出来る事もあります。

住宅ローンで団体信用生命保険に加入するのであれば、死亡保険をかけすぎな事も

住宅購入や教育資金の用意に合わせて、保険を見直す事はとても合理的なのです

また、相性以外にも理由があります。

 

お客様がお金について困った時に

 一番に頼りにされる営業マンで居たい

 

という目標の為です。

更にシンプルに言えば

 

人から感謝される人間で居たい。人に嫌われるような事はしたくない。

ただ、それだけの事です。

なので、冒頭から書いたように無理に商品を押し売りしたり、ご連絡をこちらから頻繁にする事はありません。

私はわざわざ貴方に嫌われたくないですし、プライドを持って仕事に取組みたいからです。

私よりも説明が上手な営業マンも、商品知識を辞書のように覚えている営業マンも私は知っています。

ですが、「公正かつ、説明が分かりやすくて、金融知識を持った営業マン」は見たことがありません。

【問い合わせに迷っている方へ】

 

信頼できる保険のプロやファイナンシャルプランナーを知っている方は、その方に相談をするのが良いかと思います。

そうでないのであれば、

私に問い合わせを頂く事が、貴方にとってのベストになる事をお約束します。

長文、稚拙な文章をここまでご覧になって頂き、ありがとうございました。

​貴方とお話出来ることを楽しみにお待ちしております。                  

握手.webp
握手.webp

Mission

お客様がお金について困った際に、

一番に頼られる存在になる。

Vision

​先義後利

家族の時間

​無料の相談はこちら

​ご質問はこちらから
私用QR.jpeg

​お問い合わせありがとうございます。